[TOP]-[上映案内]-[フィルムリスト]-[リンク]-[会社概要 ]

[平和]-[教育・福祉]-[人権]-[環境]

※ FilmList 人権 ※

■団体観賞料金

  • 小学生1人400円 中学生1人500円 高校生1人600円
  • 鑑賞料金には映写機材・技師派遣料が含まれます

『ハードル』アニメーション1時間30分

バスケも勉強もなんでもできる有沢麗音(レオン)は、佑樹の自慢の兄です。父の会社が倒産して、横浜から宮城県古川へ引っこすことになったレオと佑樹。佑樹はそこで友だちという宝物を手に入れますが、レオンを待ちうけていたのは、つらいいじめの日々でした。ひとりいじめに立ちむかうレオでしたが…。自分たちの力で、ハードルをこえようとしていく少年たちの勇気の物語です 。

原作/青木和雄 監督/出崎哲

『ハッピーバースデー・命かがやく瞬間』アニメーション1時間20分

私も愛されたい。親の虐待から声を失った少女が立ち直った。「あんたなんか生まなきゃ良かった」12歳の誕生日、ママの一言から声が出なくなってしまったあすか。でも自然に囲まれた田舎でおじいちゃんの愛に触れ、あすかは心と声を取り戻します。そしてそこには、あすかを愛せないママの秘密が・・・。生きる喜びを知った少女が、学校でのいじめに立ち向かい、学校を変えていくまでの感動の物語です。38年間の教員生活の後、横浜市教育委員会で親と子の相談にあたり、カウンセラーとしている青木和雄の原作本は、出版以来大きな反響を呼び、ベストセラーとなりました。児童書としては異例の35万部を売り上げています。

原作/青木和雄 監督/出崎哲

『地球が動いた日』アニメーション1時間18分

大震災は、未来を担う子どもたちの心身に大きな傷跡を残しました。親や兄弟の死、クラスメートの死、避難生活など、いままで平和な日本には考えられない悲しみと苦しみを経験しました。その一方で、震災を通して学校や友だちの素晴らしさ、ボランティアの励ましの中で成長する姿を描きます。

原作/岸川悦子 監督/後藤俊夫

『5等になりたい』アニメーション1時間15分

律子は小さいときの病気で足が不自由です。そんな律子の夢は、運動会のリレーで5等になること。級友、マッサージの先生・・・。いろんな人たちの励ましをうけて律子が走る! 夢はかなうでしょうか・・・。

原作/岸川悦子 監督/加藤盟

『賢治のトランク』アニメーション1時間25分

宮沢賢治の生き方は「優しさと命を大切にする」ことでした。ある日賢治はイーハトーブの駅で、セロ弾きのゴーシュとぶつかり、トランクが入れ代わってしまいます。ゴーシュが家でトランクを開けてみると、「優しさと命の大切さ」が詰まった『氷河ねずみの毛皮』『猫の事務所』『双子の星』の原稿が出てきました・・。

総監督/四分一節子 宮沢賢治誕生100年記念作品

『Pipiとべないホタル』アニメーション1時間30分

私が訴えたかったのは、とべないホタルの悲しみと、その悲しみを分け合おうとする仲間たちの優しさなのです。原作・小沢昭巳の言葉です。物語は、羽がちぢれて他のホタルのようにとべないピピを中心に進んでいきます。

監督/中田新一 主題歌/松任谷由美

『もも子、かえるの歌がきこえるよ。』

力ともも子は、小学校3年生の双子の兄妹。妹のもも子には知的な遅れと体の障害があり、いつも酸素ボンベで呼吸しながら養護学校に通っているが、明るく負けず嫌いでいつも天真爛漫なもも子を、兄の力はいつも愛しく思っている。そんな少年の優しさと心の成長を中心に、家族愛と葛藤、健常者と障害者の共生の問題等、今日の人間の生きる喜びと悲しみを爽やかに感動的に描いています。

『大ちゃん、だいすき。』

養護学校の教師である星あかりによる児童書「大ちゃん」を映画化。障害児の大と小学4年生の妹が周囲の人々の友情や優しさにふれ強く生きてゆく姿を描く感動アニメ。

■お問い合せは/株式会社九州共同映画社

〒811-0001/福岡市中央区天神4-1-18

TEL092-741-7112/FAX092-771-7422/メール

[平和]-[教育・福祉]-[人権]-[環境]

[TOP]-[上映案内]-[フィルムリスト]-[リンク]-[会社概要 ]

株式会社九州共同映画社